TRP spyre ワイヤー式デュアルピストンのディスクブレーキの使い心地

CAADXのディスクブレーキがどうにもローターを歪めるので、片ピストンではないTRPのSPYREに変更しました。

最初は105グレードの油圧STIにしようと思いましたが、レバーだけで5万円以上?するようで断念した経緯があります。

そこまでお金をかける気はないので、希望を叶える唯一のデュアルピストン式(パッドを均等に両側から挟む)のこいつにしました。

いきなりメリットの1つを潰す

このディスクブレーキは左右のクリアランス調整ボルトがあり調整が容易になっています。

しかしわたくし、いきなり左側のボルトをぶっ壊すという離れ業をやってしまっています。てっきりこっちに回る、なんか硬いけどこういうのよくある、エイ!エイ!パキン!!といってポールポイントの先端がネジに残ってしまいおしゃかに。完全に左のクリアランス調整が死にました。そもそもポールポイントでそこまでトルクかけるのがおかしいのですが。あと500円くらいのレンチだったというのも…

そしてそのことに気づかないまま、なぜかもう1台もエイ!エイ!

あれ?と思ったときは遅く、ネジ山がおかしくなってしまい、めでたく前後1セット分のネジを潰してしまいました。

こうなってしまったのは理由があります。ディスクブレーキを取り付ける際に、ブレーキレバーを握り込んでフォーク等に固定します。これでパッドとローターの水平並行が取れるからです。

しかし、どうもブレーキ本体を内側に寄って取り付けてしまうようで、最初から左側のパッドが当たっている状態になったのです。何度やってもダメで、じゃあクリアランス調整だろうと左側のボルトを回したのですが、その時点で目いっぱいに回しきっている状態だったのです。片側のネジも最初に固着していたのか、パキンという音とともに回りだしたので、てっきり固着していると思い込みこんなことに…

最終的には、ブレーキレバーを握り込んでブレーキ台座のネジを締めるときに、なるべく内側に押し付けて締め込んで解決。それでもやや外寄りなので、生きている右側のクリアランス調整ボルトでクリアランスを均等に。これでセッティングが出ました。

思っていたより効かないかも

実際に使ってみましたが、やはり最初は全く効かず。

その後50kmくらい慣らしてみたものの、やっぱり言うほど効かないな…という印象です。

ネットで見てみるとパッドが良くないとか何とか。変えるともっと効くのかもしれませんね。

ただ効かないといっても、キャリパーに比べて効き始めが遅いなあというだけ。ちゃんとしっかり止まりますし、いざグッと止めたときはキャリパーのようなつんのめる止まり方をしないのに、グッと止まってくれる感覚がいい感じです。

あとキャリパーブレーキと違うなと思ったのが、完全に初期伸びが取れているのに、50km使っただけで当初よりクリアランスが広くなっていたこと。慣らしでパッドがこんなに削れるの?という不思議な感覚もありました。というか、ちょっとした厚みの変化がレバーのストロークに出るんだなっといった感じです。キャリパーブレーキの場合、レバーのストロークでパッドのすり減りとかほとんど気づいたことなかったですね。だいたいその前に目視で気づくからという事情もあるでしょうが。

キャリパーブレーキの強く効き出すポイントがない

イメージで言うと、キャリパーは大きく分けて3段階。

軽い当て効き → 減速を伴う当て効き → グッと効き出す

といった感じで、急に効き出すポイントがあるといった感じ。

減速したい!止まりたい!

というときに、即座にサッとその部分までレバーを引ける感じがあります。これは長年の慣れもあるでしょうね。

逆にTRP(ディスクブレーキ)は、

効いてる? → いやどうだろ? → なんか効いてるっぽいね → ああ効いてるわ → おお、効き出した → 言うほどガツンと効かんね → まあまあ効き出したね → 結構減速しだすね → まだ調整できるね → もう止められそうだね → そろそろ止まる?

大げさですが、なんかこんな感じで、滑らかに効いていく感じです。これをコントーロラブル?とか言うのでしょうか。レバータッチで微妙なブレーキ調整ができるのではないかと。

ただパッとしっかり減速するときに、キャリパーより結構意識的にレバーを握る感じが必要です。これがさっきのキャリパーブレーキである慣れとの差により、違和感を感じている原因なのかも。

キャリパーだといったん握り込んで緩めることがよくありますが、TRPだとそれがない感じで、次第に握り込む力が強くなっていくだけといった感じです。だから使用前に抱いていた、ディスクブレーキの強力な制動力によるロックというものは見当違いだったなという感想です。今のところ、急ブレーキならキャリパーのほうがロックしそうな雰囲気プンプンです。

この感覚もパッド次第なのかも。

とにもかくにも、交換前のシングルピストン式よりタッチが自然です。違和感がないというか、挟んでいるわ~というのが分かり、よりキャリパーブレーキの感覚に近くなりました。その点で使いやすくなった気がします。そして大まかな段階がなくシームレスなタッチ、フィーリングです。

意外に手が疲れる…

ただ、手が小さい人は止まるまでの握力が足りずに苦労するかも?とも思います。

わたくし手は大きい方ですが、長い時間握り込んでいると結構手が疲れます。というのは、最終的に大きな制動力を生み出すのがレバーの握り込み率70%?80%?くらいから、というのが理由です。

キャリパーブレーキはそんなにグッと握らなくても最後にしっかり止まりますが、どうも機械式ディスクブレーキは最後にしっかり握る必要があり、これを繰り返しているとまあまあ手が痛くなってきます。

じゃあストロークを短くすればいいじゃないか、となるのですが、そうなるとパッドとローターのクリアランスがシビアになります。このあたり、まだディスクブレーキに慣れていないからセッティングが下手なだけというのもあるでしょうが、ブラッケットポジションからのブレーキングはちょっと手が疲れやすい問題を感じますね。油圧だとこういうのないんだろうなあと想像しています。

もっとクリアランスを詰められれば快適だと思います。予想していたようなロックはおきなさそうなので。ただクリアランスを詰めるとローターの微妙な歪みでシュッ!シュッ!と擦れが生じてしまうんですよね…高価なローターだとそういうのないのでしょうか。

片効き式の問題点は解決

交換前の問題点だったローターの歪み。

シマノ製ローターに交換したら歪まないのに、PROMAXの初期ローターだとブレーキかけるだけで歪むという問題がありました。

これもTRPに変えたことで解決。

やはり片方から歪ませるために、剛性の低いローターだと曲がってしまっていたようです。両効きのTRP SPYREならそれも起きないようです。ローターを歪ませませんからね。

その他良かったところ

あと見た目がかっこよくなりました。なんかグレードアップした感があります。そしてPROMAXの初期ブレーキより軽いです。パッドの交換もやりやすくて良さげ(ただパッドクリアランス調整は片側を破壊してますが)。

でも値段がそこそこするのが困ったものですね。海外通販で7,000円くらいですが、たまに見たら値段が大きく変っていたりでよく分かりません。

知らなかったのですが、本体を買うとローターが付属します。そんなこと知らずに、わざわざ1枚2,000円ほどのTRP製ローターを買ってしまっていました。無駄とは言いませんが、しばらく使わないですね。現状で後用の140mmが3枚余っています。前はゼロ。

タイトルとURLをコピーしました