とりあえず会社設立~まだ営業しないけど作っておくとどうなる?

定年退職や早期退職を意識して、その後自分で会社を作って起業する場合。

まだ何にもしないし予定も先だけど、会社だけ作っておいて準備するのってあり?という質問をたまに受けます。

答えは可能です。でもメリットあるかな?というのが私の意見。

答えは可能です。でもメリットあるかな?というのが私の意見。

とりあえず会社を作る場合の注意点

会社を作るとちょっと新しい義務が生まれます。営業しなくても法人だと責任が増える感じですね。

1.法人住民税がかかる

会社を作ったけど何もしないなら売上がありません。だから利益もありません。

個人なら課税されませんが、法人はどうやっても毎年7万円は収めないといけません。

法人の住民税です。

まあ年間サービスで何か利用すれば7万円くらいはかかりますしね。法人格を維持する手数料くらいに思えばいいでしょう。

営業していたけどやめちゃって休眠状態なら、その旨を伝えて免除してもらえる可能性がありますが、会社設立していきなりだと多分無理じゃないかと。

2.確定申告をする必要がある

無収入でも法人は確定申告が必要です。

ただ、すでに活動停止状態の休眠会社は確定申告をしていません。

それで何か罰則があるかというと、現実として特に何もありません。

ただ会社設立したばかりで税務面を放置するのは税務署への印象も良くないでしょう。

何も売上がないなら、法人でも税理士に依頼しないで確定申告は可能です。個人よりややこしくなりますが、会計ソフトを使っていれば十分可能です。

ただ会計知識ゼロだと難しい、理解するのに苦労するでしょう。かといってとりあえず会社を作って税理士さんに頼むところも少ないはず。

ココを自分でやる限りは、毎年の法人維持費用は7万円ということになりますね。

3.社会保険料が一応かかる

会社を作ったら自分が取締役になるパターンがほとんど。

まだ営業はしないから売上もしばらくゼロ。だから給料もゼロになります。

でも社会保険料は給料ゼロでも発生します。

以前は、営業している会社でも社会保険料を納めていないところが多かったです。

小さな会社は出資者=取締役で家族経営が多いです。健康保険で払っているから会社の社会保険は無視という会社は多かったです。

でも今は指導がきます。

会社設立したら個人よりお金が残るとされていたのは、社会保険料を納めないというのが一部にあったので、以前ほど会社設立で得するということはありません(得と言っていいのか分かりませんが)。

会社負担=自分

なので、何だかんだで毎月2万円くらいは社会保険料が発生します。

昔は無視していたところが多いですが、今は払うように指導が入ります。

営業をまだしていないという状況なら、その旨を伝えればどうにかなるかもしれまねんけどね(未確認です)。

4.株式会社なら役員変更登記が必要になるかも

株式会社は1~10年で取締役などの任期が来て、同じ人がやるにしてもその登記が必要になります。

通常は2年。小さな会社は5~10年に伸ばしているのが多いです。

さすがに、とりあえず会社設立を先行させて2年も放置することはないでしょう。だから問題ないでしょうが、もしそうなったら登記手続きが必要です。

最低1万円の収入印紙が必要ですし、司法書士に依頼したら報酬2万が相場。3万円がかかります。

とりあえず会社設立のメリットはあるのか?

正直言ってあんまりないと思います。

理由は、会社設立はその気になれば1~2日でできなくもないからです。

だから、とりあえず会社設立するより、とりあえず会社設立の準備をしておく、ほうがおすすめ。

必要な決めごと、書類とか準備しておいて、いざ!というときに設立手続きができるようにしておく。

それなら社会保険料の問題とかモロモロ関係なくなります。

まだ企業にお勤めの人とかは社会保険料が発生したら合算請求されることになるので、会社に副業として認識される恐れもあります。

会社を設立しても特に何も変わりません。対外的には信用が生まれますが、やらないといけいないことは会社を作らなくても分かります。

WEBサイト作るのか?名刺はどんなことを書くか?事務所の所在地は……

一度紙やデータに書き出して整理するといいです。事業計画書までいかなくても、整理して実際に会社を作った気分で考えてみてください。

思っていたことと違うことになったりしますよ。

タイトルとURLをコピーしました