自営業の確定申告(税務処理)は自分か?税理士か?

自営業を始めたら避けて通れないのが確定申告。

ここでは節税効果が最も高い青色申告を前提に言う。

税理士に頼むが一般的と思いきや、最近はクラウド会計ソフトの出来がいいので、ちょっとだけ複式簿記を知ればあんまり苦労なくできる。

じゃあ費用節約でオイラも自分でやるべ!となりそうだけど、みんなにこれが当てはまるわけじゃないから注意。

基本的に確定申告は帳簿さえつけておけばどうにでもなる。要は帳簿をつけられるか?コレ次第。

今はfreeとかマネーフォワードとかのクラウド会計ソフトがあって、銀行口座やクレジットカードの明細を自動で取り込んで帳簿化してくれる。

手動で現金支払いや売上を記入すれば、現金出納帳とか売上帳とかも自動で作成される。修正も簡単。

確定申告の書類もほぼ完全に勝手に仕上がる。簡単。これで月1,200円くらい。安いもんだ。

帳簿への記入、また自動で取り込んだ口座取引明細とかは、学習機能で項目の振り分けがされるものの、AIが判断しかねるものや手動記入は自分で記帳しないといけない。

この際に複式簿記の知識が必要なる。貸方と借方の関係だ。

消耗品費 1,000円 / 現金 1,000円

普通預金 30,000円 / 売掛金 29,500円

/ 支払手続き 500円

みたいなやつ。

これが分かっていないとクラウド会計ソフトでも詰む。はぁ!?となる。

この貸借の書き方ルールさえ分かれば、後は検索でどうにでもなる。この場合の費用はなんて書けばいいんだ?とか。個人事業税は経費になるのか?とか。調べたら分かる。

なので、まずはこの複式簿記の基礎中の基礎、記入ルールさえ分かれば自分で確定申告まで持っていける。

次の問題はあなたの仕事内容だ。

事務系だと、消耗品費や新聞図書費、通信費などの経費を打ち込み、売上を計上していくだけであまり困ることはない。

ただ飲食店など仕入れが発生する業態だと、発生する項目数も増えて途端に面倒になる。

さらに、飲食店みたいに時間が不規則な体力仕事の場合、疲れている状態でこの簿記処理を行うのはかなりつらい。

事務系であっても昼間は営業で外回り、帰ってきて事務仕事、さらに簿記処理となるとこれもまたしんどい。

結果、税理士に任せてしまったほうが自分の能力をより発揮できることになり、税理士代を払っても手元に残るお金が増えるということも多々ある。

また、事務処理系の仕事が苦手かどうかも重要。

ある程度できる人でも、税務の仕事についていない限り簿記処理業務は時間がかかる。慣れが必要。

だから、技術的に自分で税務処理できるかどうか?に加えて、自分の業態にマッチするかどうかも非常に重要。

特に最近は税理士費用が下がっているので、自分で無理に頑張らないほうがお金が残るケースは昔より増えている。

また税理士への頼み方もいろいろある。

  • 確定申告だけ任せる
  • 帳簿記載だけ任せる
  • 何もかも任せる

特に税務や経営のアドバイスが必要ない場合、顧問契約じゃなくて事務処理委託契約でいける。

自分で確定申告・税務処理ができるかどうか?をまとめると……

  • 事務処理できる時間・体力がある業務内容
  • 事務処理業務が苦手じゃない
  • 複式簿記の記載方法が最低限分かる(左右どっちに書くか)
  • 売上と経費くらいのシンプルな業態(細かいお金の出入りが頻繁にない)

といった感じ。

もちろんこれは当てはまらない人もいる。なんでもできちゃう人もいるし、シンプルな業態で時間があっても数字を見ただけでテンパる人もいる。

どっちかわかんね~って人は、とりあえず1ヶ月やってみるといい。クラウド会計ソフトは月契約すれば1,000円ちょっとだ。ダメなら税理士など検討するといいかも。

タイトルとURLをコピーしました