健康

TVの企画やライザップでダイエットが成功する本当の理由~本当に痩せるための条件が見える

TVのダイエット企画でいかにもぐーたらっぽい女性が痩せた、ライザップでメリハリボディになった。

これ、いかにもダイエット方法がいいと紹介されますが、本質は違います。

人の目、プライド、責任感、お金です。痩せられた原因は。

TV企画で素人一般人が痩せられる理由は「人の目」と「責任感」です。

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

潔癖症がスポーツジムで運動は可能か?衛生面の実態

スポーツジムに通って15年ですが、軽い潔癖症の人と話すことがあってふと思いました。

スポーツジムって潔癖症の人はヤバいんじゃないかと。

スポーツジムの衛生管理ってどうなっているのか?というのをお伝えします。

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

自分から水分を取らない年寄りに水分補給をさせる方法

最近の猛暑でお年寄りがバッタバタ倒れています。水分不足です。

歳を取ると気温の変化、体内水分の枯渇に気づきにくくなります。いろいろ鈍くなるわけです。

とにかく水分が不足していなければ熱中症になりづらく、救急車で運ばれる可能性は低くなります。塩分も必要ですけどね。

「おじいちゃん、お茶飲んでる?全然飲んでないじゃん」

孫や子供が水分補給を促しても、年寄りは喉の渇きを感じていないので自ら飲みません。

どうやったら水分を自ら飲んでくれるのか?

飲んでくれずに倒れたり病気になられると困ります。介護破産を避けるためにも親へ投資。親を元気でいさせるのにお金を使ったほうが、将来の出費は抑えられます。

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

年寄りはなぜ頑固か?言うことを聞かせる方法のヒント

年寄りは言うことを聞きませんよね。まあしゃーないです。どうせ自分もいずれそうなります。

一説には脳が萎縮してうんちゃらかんちゃら……ですが、そんなこと言われても言うこと聞いてくれない困るんですよね。

じゃあどうするか?

もっと現実的に考えるとヒントがあります。

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

スポーツジムが続かない理由~15年通っている私が感じた原因

スポーツジムに申し込んだけど続かない、続けられるか不安……

その不安は正解。

スポーツジムは95%の人が続けられないからです。

続けられるコツ……というのもありません。

なぜ続かないか?

その理由を潰していくのが続けるコツになります。

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

親の耳が遠い~認知症になりやすい?その考えられる原因

耳が遠いと長生きする。これは違うって話ですよね。

長生きしている分、耳が遠くなっているだけ。短命なら耳が遠くなる前に死んでるだけ。そんな感じ。

しかし医学的に証明までいってないのが認知症。

耳が遠いと認知症になりやすいって。

ちなみにウチの父親は相当遠いです。これは仕事のせいなのもありますが、親戚のおじさんもそう。

でも認知症ってわけじゃないですし、その傾向もありません。

ですが、これは家庭環境で認知症になりやすいと思います。

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

誰でも簡単にできる社会貢献は運動の継続

社会貢献というとボランティアとか寄付とか、何かを「与える」ことがメイン。

でも与えるって行動は腰が重い。

実際にボランティアとかできている人ってスゴイんですよね。でも大半の人はなんだかんだでできないです。ボランティアすごい。

じゃあ自分はやっぱり社会貢献とか無理な人間だな~って思うかもしれませんが、誰でもできる立派な社会貢献の方法があります。

それが運動です。

続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

介護破産を防ぐためには子供が親に投資して元気でいてもらう

介護破産ですが、親が要介護状態にならなければいいだけです。

というのは本当ですが、実際にそうならないから困る。

ですが、80、90になっても元気なお年寄りはいます。

ウチの父親も80超えていますが、GIANTのクロスバイクで通勤しています。こんな80代なかなかいないでしょ。

さらに室内で自転車を20分毎日漕いでいます。

おかげで階段も普通に上がりますし、歩く速度も速いです。

じゃあ自然に父親がこういう取り組みをしたのかというと違います。

私があれこれ言って、用意して、ダメだったらまた次のを試行錯誤して今に至ります。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

鬱は心拍を高める運動が効果的~フリーランス・自営業になって分かった対策

フリーランス・自営業って結構鬱っぽくなります。

仕事の調子がいいときは大丈夫ですが、不安が立ち込めてくるとズドーンとした五里霧中感覚になってしまいます。

いろいろ対策方法は言われていますが、あんまり言われていないけど効果的だと感じたのが心拍を高める運動です。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

半年で6kg太らず増量~たんぱく質を減らしたらなぜか体が大きくなった

ある日、なんか体がガッシリしたというか、一回りまでいかなくても大きくなっている感じがしました。

太っているというわけでもないし、なんかおかしいな?

ということで半年ぶりに体重計に乗りました。

すると体重がめちゃくくちゃ増えていました。

+6kgです。

私は身長が180cm以上あるので、160cmくらいの人に比べたら割合的には大したことないかもしれません。

ただ、ここ10年の間、本当に体重が変わっていなかったのです。それがなぜ急に……

そして生活習慣など身の回りの変化を考えると、ある一つのことしか考えられなかったのです。

それが、「たんぱく質の摂取量を減らす」という、むしろ体が細くなるような食生活変化でした。

痩せ気味体質でガリガリ。食べても太れないという悩みの人が意外と多いと聞きました。もしかするとヒントになるかも。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

頑固じいさん、ばあさんになりたくないなら耳を大事にするべき

年寄りは頑固者というイメージがありますが、何も全てのお年寄りが聞き分けがないわけじゃありません。

私の身内や周辺の年配者だけの印象で言うと、耳が遠い人はかなり頑固になる、思い込みが激しくなって固定観念が強くなる傾向だと感じています。

この頑固さには若いものが手を焼くことになります。若いものの言うことが正しいという前提ではないため、決して一概には言えないのですが、年をとって周辺に煙たがられたくないのなら、耳は大事にしたほうがいいと言えるでしょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

こけて骨折で始まる認知症。下半身(脚力)運動でボケ予防

仕事柄、比較的年配の方々とお会いすることが多くなります。するとご自分の話だけでなく、同世代の周りの人の話も伝わってきます。

その中で目立つのが、「こけてからあの人はダメになった」もしくは自分自身がそうなったという話です。こけて骨折や打撲で足腰の具合が悪くなり、外に出るのが億劫になる、又は寝たきりになるということです。

これらは脚力の衰えが招いた結果です。認知症予防が今叫ばれていますが、やはり人間は歳をとってから急に自力で歩けなくなると精神的にかなりこたえてしまうようです。

しかし、脚力を鍛えれば寝たきりを防ぐことができ、その結果、痴呆・認知症を防ぐことができるとも言えます。そこで私が見た、聞いた脚力とお年寄りの関係について紹介します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0