誰も買わない不要な不動産の処分方法

相続した土地、以前住んでいた家、昔購入したけど利用せずに放置している不動産。

登記名義から外れたいのに処分先が見つからない場合、処分先をいかに見つけるか?

可能性がある処分先・相談先

まず共通して言えるのは、その不動産に価値があるのかどうか?

近所で売れなくても、とある人には非常に魅力的で売れるというケースはあります。これは不動産に価値があると言えます。例えば、京都は誰も借り手が見つからなかった木造住宅でも、最近の海外観光客ブームによって、リフォームして宿泊施設に変わるというケースもあります。

不動産屋さん

不動産の価値に対してシビアです。

不動産屋さんは仲介なら、売買金額や賃貸月額料に比例して報酬を得ることができます。買取なら買い手が見つかりやすそうな物件でないと、在庫不良を抱えるためリスクがあります。つまり価値が高い不動産ほどやる気が出ます。

全く売れそうも借り手が見つかりそうもない不動産の場合、ほとんどの不動産屋さんでは引き受けてくれません。

ただ、昔よりネットを使いこなす不動産屋さんも出てきたため、今まで相手にされなかった物件でも、需要を掘り起こしてうまくマッチングさせる業者も出てきています。

地域周辺の状況に詳しい人

例えばお坊さん。

お坊さん自体がその地域の大地主というケースは珍しくなく、さらに様々な地元の人に通じているため、不動産の状況内容によっては、あの人なら買ってくれるんじゃないだろうか?というアイデアが示される可能性があります。

不動産は動かない分人の動きで決まるところが大きいです。ネットでもカバーできないアナログな情報をたくさん持っている人なら、意外な処分先を紹介してくれるかもしれません。

不動産のある地方自治体の窓口

最近は空き家問題があることで、昔よりは解決策や支援策が増えてきています。

例えば、このように自治体が所有者を募るWEBサイトを運営しています。

大分県豊田豊後市IJU支援サイト

しかし、寄付というのはほぼ無理です。

地方自治体は自治体運営に有益な不動産なら寄付を受け付けます。例えば、道路にすれば利便性が拡大するとか、広大な駅前の土地とか。

でも市場で誰も見向きもしないような不動産の場合、寄付されると管理義務が自治体に移る上に、固定資産税も取れなくなるのでメリットがありません。個人がいらない不動産は自治体でもいらないのです。

とりあえず話を持っていくのは無料ですし、空き家バンクなどに登録するなど気休めかもしれませんがやっておいて損はないのかもしれません。

不動産査定一括サイト

不動産の情報を入力すると、複数の業者に査定をしてもらえる無料サービスです。

地元の不動産屋さんは話を持ち込める数がしれていますが、ネットだと簡単に複数の査定をかけられるので、本当に誰も見向きもしない不動産なのかはっきりします。

利用料は無料です。ただ査定、どこか興味を示すところはあるのか?というだけなら特にリスクはありません。でも本当にどうしようもない不動産なら反応はないです。

処分先が見つかった事例

私が知っている、又は関わった事例の一部です。

隣家の所有者に売却・贈与る

一番可能性が高いです。

不動産屋さんの反応が鈍い場合でも、隣家近所だとその不動産を見る目も違います。

なぜかというと利用価値が思いつきやすいからです。

不動産が売れない理由は、ただ値段の問題があるだけでなく、不動産情報を見た時にどのように利用できるか?というのが想像できないため、価値を見いだせないからです。

あまり知らない土地や地域の住宅情報を見せられてもピンと来ません。でも隣近所だと、これだけ安い価格なら駐車場代わりにでも、物置にでも、趣味のセカンドハウスにでも…とその不動産の利用価値がイメージできます。

あの人はお金なさそうだし買わないだろう…と思っていても、聞いたら「ん?200万?いいよ。買うよ」と返答してポカーンとなるケースもありました。

でも逆に、「去年裏の土地買ったんだよ…もう少し早く言ってくれればこっちを買ったのになあ…」とタイミングを逃すケースもあります。

墓地に所有権を移す

レアケース。

田舎の変なところの小さな土地。誰がどう考えても買わない土地でしたが、ちょうど近くに墓地があり、その墓地の土地と面していることが発覚。

墓地の所有者であるお寺さんに事情を話したところ、無償でなら管理させていただきますということで所有権移転。

誰も見向きもしなかった土地が墓地となり役立つことになりました。

節税に使うという人に無償贈与

よく分からないケース。

田舎のそこそこ広い土地を節税になるから?という理由でもらいうけた人がいます。

このケースで節税になるパターンがよく分からなかったのですが、喜んでもらってくれるケースがあります。

研究・趣味の環境を求める人に売却

田舎の誰も買わない不動産の場合、その田舎特有の環境がメリットとなることがあります。

例えば、虫や草木といった研究をしている人が、自由にその土地を使って調査研究したいということで買い取ってしまうというケースがあります。通常は貸してくれ、となるはずですが、安ければ買い取るということも。

また天体観測が趣味で、星がよく見える家が欲しい人は、ど田舎のボロ家でも好きに改造して観察に没頭できる環境を作ったりします。

不動産は見る人が変われば価値も変わるという一例です。

その他の処分先を見つける方法

WEBサイトで自ら宣伝する

趣味や研究などにも影響されるほど、不動産の価値は人によって見方が違います。

ただ、一般的な不動産情報サイトでは、ただ立地や面積、物件の状態や周辺状況が分かるだけです。

そのため、自分が求めている不動産内容とその掲載不動産が一致するのかどうかはなかなかピンと来ません。

そのため、あえてこちらから提案する方法が有効です。

例えば、先ほどの事例のように、星がすごく綺麗に見える場所なら、

◯◯星団がよく見える
有名な天体研究者◯◯さんの出身地
家は古いけど2階を天体観測所にすることも可能
周りに明るい光を出すものがない
不便だけど1週間や1ヶ月くらいなら全然大丈夫

などなど、もうこっちから利用方法を提案してしまう感じで、不動産オーナーしか知らない情報満載でアピールします。

ホームページの維持費なんて年間1,000円や3,000円くらいで可能です。

今や多くの人がネットで不動産を探す時代なので、こういうアピールの仕方が24時間365日継続するのは有効です。ダメ元ででも、やらないよりは反応がくる可能性は格段に増えます。

タイトルとURLをコピーしました