Cannondale CAADX TIAGRA ~ 初シクロクロスバイク

以前から欲しかったシクロクロスバイク。

単純にタイヤが太いロードが欲しかっただけです。グラベルロードという概念も出てきています。レースじゃないシーンでは、太めタイヤを履かせたロードというのがトレンドのようです。

最初のシクロクロスなので、カーボンの高価なものは避けました。選んだのは当然アルミ。アルミフレームとなるとキャノンデールというイメージなので、今回はCAADXを購入しました。

走った感じは…オンロードは微妙かも

実際に走ってみてどうか?

結論から言うと…

進まない…というストレスを感じました。

思っていたより速度が出づらい

ロードだと時速30kmを出すのは簡単です。そんなに踏まなくても出るものです。ちょっとウォー!っと踏めば出るものです。

ところがCAADXだと時速30kmを出すのに結構苦労します。

30km出せないわけじゃありません。これくらいの力で踏めば時速30kmは出るだろうという努力に対して、スピードメーターを見るとせいぜい28km/hとかでした。

想像以上に引きずる感じがして軽快に速度が上がらない。イメージしていたのとかなり違う印象でした。ロードより遅くなるのは確実なものの、もうちょっと軽快感は残るものと思っていました。

あと失速するのが早いです。だからロードみたいなペダルの回し方じゃなくて、結構常にペダルに入力している感じです。何か後ろで引きずっている感覚があります。理由はタイヤが太いしスリックじゃないのは確実にありますが、それにしても事前に予想していたより進みません。

オフロードで走ると雰囲気が一変した

オフロードに入るとペダルの回し方が変わるので、スピードの乗りとか失速感は消えます。まあやはりオフロード車なんだろうなと。だからロードを普段乗っている人が都会の通勤用とかで購入すると、慣れるまでストレスがかかるかもしれませんね。

あとはホイールを変えたらどうなるか?というところでしょう。どうもこのホイールを変えるだけで化けそうな気もしています。

※その後ホイールを変えました。末尾に追記あり。

フレーム、その他パーツの印象

シートポストやステム、ハンドルといったキャノンデールオリジナル製品は思っていたより悪くないと思います。もっと安物チックと思っていたので、最初はこのあたりのパーツを変えようかな?と思っていましたがいい意味で裏切られました。結構しっかりしていますし、そんなに激重でもないみたいです。

ただホイールとブレーキはお粗末な感じがします。

フレームは頑丈そうながら硬すぎではないっぽい

昔はアルミは硬くてカーボンがしなやかで…という印象もありましたが、最近だとカーボンがガチガチからしなやかまで自由自在。アルミフレームの定番印象ってよく分からなくなりました。

CannondaleのCAAD12はアルミフレームの最高峰とされていますが、結構しなやかさも兼ね揃えているようで、CAADXも特段硬いとか柔らかいとかそういう印象は感じません。タイヤが太くてエアボリュームがあるため分かりにくいだけかもしれません。ただきつい坂でトルクかけてもヨレる感じはしませんし、硬いカーボンフレームのときのような踏み負ける感じもありません。何となくですが自分にはちょうどいい感じです。

あらゆるもの装着して総重量約11kg

最初のほうに重量を計っていなかったので、あらゆる装備品を付けた状態での重量しか分かりません。

  • フロントシングル化
  • ボトルケージ2つ+ロングボトル1本
  • SPDペダル
  • ライト+ベル+スピードメーター+リアライト
  • BB30→コンバージョンBB(シマノ)
  • 工具類やチューブが入ったサドルバッグ

当初10kgは切らないかもと書いていましたが、一部カウントしていない重要があったので、たぶん10kg切りますね。9kgはどうか分かりませんが。

何かの折にちゃんと計ってみるつもりです。どちらにしても、乗っていて重さは全く感じないので全く気にしていません。ホイールを変えてから登りでも引きずる感じは感じられないので。

ホイールは鉄下駄クラス

ホイールのハブはさすがに15万円の完成車付属といった感じです。最初からゴリゴリしています。GIANTのエスケープR3のハブよりゴリってました…あっちは完成車5万円なんですけどね。単純にGIANTがおかしいと言ったほう正解かもしれませんが。

あとグリス入れ過ぎだろう…というくらいリアハブからはみ出してきます。このグリスはみ出しが終わる頃に多少回転がマシになった気がします。それでも盛大にゴリゴリ言ってますが。

重量は結構あります。合計で2kg超えています。まあオフロード走れば気になりません。頑丈そうではあります。

32穴でディスクハブなので仕方がありませんが、それでも前1kg、後1.2kgの合計2.2kgはなかなかのヘビー級じゃないでしょうか。後はともかくフロントホイールが1kgというのはちょっとどうなんだと。それともディスクだったら普通にありえるのかどうか。初ディスクブレーキホイールなので常識が分かっていません。

ブレーキはPROMAXの安いやつ?

ブレーキはPROMAXのRENDER-Rというディスクブレーキ。前160mm、後140mm。完成車によくついているものです。

ディスクブレーキはすごく効く!と聞いていたので、初走行のときは慎重にブレーキをかけました。

そうしたらまあ、効かないのなんの(笑)赤信号の横断歩道手前で結構握り込んで止まりました。これにはちょっと肝を冷やしかけたほど。いわゆるキャリパーの当て効き感が全く無く、最後の方でようやく制動力発揮といった感じでした。

ただこれはアタリがついていないからのようで、それから30kmほど走ればそこそこ効くようになりました。アタリが出てくると最後はキャリパーブレーキとあんまり変わらない感覚でしたね。ただシュルシュルシュル~と当て効きさせていても、音の割にいまいち減速しないなあという印象はずっと残っています。

ローターが歪みまくるトラブル発生

50km乗ったところでローターが歪んでしまいました。一箇所だけウネン!となり、ノーブレーキ状態でホイールが回るとシュ!シュ!とブレーキパッドに接触。

これは矯正器具で曲げて修正可能。しかし直してもまたすぐに歪みます。

どうも停止状態でブレーキを握り込むとその挟んだ部分が歪むようで…

ローターってこんなに剛性ないのかよ…と、仕方なくシマノの一番安いローターに交換。そうしたら歪まなくなりました。

なので、PROMAXのローターが軟すぎるだけのようです。このあたりが低価格完成車っぽいですね。

つまり、総合すると付いているパーツは、足回りがちょっと微妙ですね、といった印象です。正直、完成車でスポーツ自転車を買ったのが初めてなので相場がよく分かっていません。一応感覚としては、もうちょいいいものが付いてもいいのでは?という印象ですね。これだとフレームの価格が高すぎる計算になるので…

BB30にねじ切りJISスリーブは圧入できない

CAAXを購入する時に一番引っかかったのがBB規格。

圧入タイプが嫌いなのですが、CAADXはBB30です。

シクロクロスって泥んこまみれになり、高圧洗浄機とかでビシバシ洗うのになぜBB30なの?という疑問がありました。実際にそういう使い方はしないものの、異音騒ぎがあるのでできれば避けたいところ。

ましてやクランクはシマノ以外使う気にならないので問題でした。ただねじ切りBB化させるスリーブをぶち込めば解決です。CAAD10とかそうしている人は結構いるようです。

シマノクランクのためにねじ切りJISBB化をもくろむが…

ショップの人に聞いたらスリーブを入れる人は少ないとか(本当?と正直思いましたが)。スギノのBBを使う人が多いそうで、ショップの人もそれがおすすめのようです。

しかしスギノのコンバージョンBBも圧入するのが気がかり。交換する可能性が高い部品で圧入するのは、後にフレームがガバガバになり音鳴りの原因になりそうで嫌でした。それにスギノのように両側から圧入するだけだと、フレーム精度や使い方で次第に抜けてこないの?という疑問がずっとありました。実際に抜けてくるトラブルもあるようです。

やっぱりスリーブ入れます!

ということでショップに依頼。

そうしたら電話がかかってきて、BBシェルの内部に何か突起があってスリーブが入りません!とのご報告。

どうやらフレーム補強?のためのリブがスリーブ圧入を阻む

なんじゃそりゃ?

と現物を確認に行くと、BBシェルの真ん中あたりにリブが入っていました。つまりTIMEだったか、2ピースのスリーブじゃないと圧入できないのです。しかしこの2ピーススリーブはクソ高いお値段で流通も国内ではしていないっぽいようでした。キャノンデール日本支社にBB内のリブについて電話で直に確認しました。でもこのリブは正規なのもので不良品ではないとのこと。

非圧入で交換しやすいコンバージョンBBを選択

じゃあどうすんだよ…

ということで、仕方なく圧入じゃないKCNCのコンバージョンBBを選択。こいつはねじ込み式なので圧入ではありません。正確には圧入しているんでしょうけど、シマノBB工具2本を使って、BBワン左右をお互いに締めていき連結するタイプ。ネジの嵌合さえミスらなければ、圧入式のような水平が出ないことはないのでホームメカニックにはありがたい仕組み。

これでシマノクランクが使えるようになったのですが、このBBの回転すごい渋いですね。昔使っていた7700デュラのBBより重いと思います。7700は重いと言ってもベアリング全体にグリスをしっかり塗れるため、そのグリスのせいで重くなっているだけ。でもKCNCのBBは赤いシムが擦って抵抗になっている感じです。でもまあ、BBの回転なんて自分は実感できそうもないので気にしません。実際に乗っても何も不都合は感じていません。

CAADXはロードに比べてそんなに売れる車体じゃないでしょうが、スリーブ圧入を前提にしている人は注意。年式によってリブがあるないがあるのか知りませんが、2016年モデルにはあります。2017年モデルはフレーム設計が変更になっているのでどうなんでしょうか?

CAADXのここがいい

なんやかんや文句が多いようですが、実際は購入してかなり満足しています。

レースに出ないので劣化ロードバイクぐらいの感覚で購入しました。もっと気軽に乗れるサブ自転車として。

でも初期状態で乗ると、最初の書いたように後を引きずる感じがしてちょっとガックリ。買ってからしばらくは、これは無駄に一台増えただけだなと。もうロードでいいかと思っていました。

このとき走行していたのは主にアスファルトの舗装路。あくまで普段乗りのお気軽ちょい高級スポーツ自転車としての購入だったので。

未舗装路を走ることで自転車の良さを思い出す

でも未舗装路、荒れた路面や土の地面を走ると180度感想が変わりました。

これは楽しい!!

舗装路で感じていた重い感じがなくなり、タイヤというか車体が地面に追従しつつ走る感じがします。ただ走らされているのではない、自ら道を切り開くようなアドベンチャー的ワクワク感をもたらしてくれます。

この感覚何かな~と思って気づいたのですが、子どもの頃に水たまりや、雨でグチョグチョになった地面にわざわざジャンプして突っ込むような感じです。

ガキンチョの頃は大人から見ると無駄な行動が多いんです。わざわざ汚れる方を選択したり、ママチャリで走っていてもあえてデコボコの道を走ってキャッキャしたり。

この当時の感覚。少年時代に戻るような楽しさがあります。

ちょっと高級なスポーツ自転車に求めるのは「速さ」「遠くに行ける」という要素だと勝手に思い込んでいました。でもシクロクロスバイクに乗り未舗装路を走ったことで、子どもの頃に感じていた自転車への純粋なの楽しさを思い出すことになりました。

いつしかロードバイクが中心となり、速く、そして遠くへという縛りが自然にまとわりついていた気がします。悪く言えば義務のような。それが悪いわけじゃないのですが、自分って自転車好きだったんだなというのが思い起こさせられるきっかけとなりました。

やはりシクロクロスバイクは未舗装路を走ってなんぼですね。

安定感は抜群でロード特有の疲れがない

もちろん通勤手段として使うのはありです。グレーチングの溝や荒れたアスファルトが突然出てきても安心。通勤手段としてなら、家を早く出てどうにでもなる「速さ」より、毎日安定して会社と家に到着できる「安定感」が重視されるでしょう。その点でシクロクロスバイクは使いやすいと言えます。

ジオメトリなのかタイヤの太さなのか分かりませんが、ロードのときに感じるいい意味でクイック、思い通り以上に動くような感じ、悪く言えば乗りにくい感じがありません。

自転車に乗っていて思うのですが、体力はもちろん想像以上に消費するのは精神力というか頭。たぶん、視覚と聴覚で周囲の情報をいつも以上に取り入れ、安全性に配慮しているんだと思います。なのでロードに乗ると体力とは違うダルさを後に感じることがあります。でもシクロクロスはそれがないです。

MTBやクロスバイクでも同じなのかもしれませんが、ドロップハンドルに慣れているとやはりシクロクロスのほうが乗りやすいような気がします。クロスバイクはほんと短距離なら楽ですが、10kmくらい走ると手首が痛くなったり姿勢が辛くなってきました。シクロクロスバイクは50km乗っても快適そのもので、速度を求めないなら本当に楽だと思いました。

ただこの感覚は、ロードを乗っていなくていきなりシクロクロスで感じられるのかどうかという疑問も残ります。

【追記・その後】ホイールを変えました

CAADXを購入した理由は、ロードより気楽に乗れてそれなりに速い自転車という希望でした。なのでオンロードで引きずるような感じが唯一の不満。

そこで、鉄下駄ホイールから手組みのアルミリムホイールに変更。重量は500gくらい軽くなっているはずです。ちゃんとCX用なので過度にモロいホイールじゃありません。特に軽量化狙っていないのですが軽くなりました。頑丈さでは確かに落ちるとは思います。頑丈さならたぶん初期ホイールでしょう。

舗装路でスイスイ進むようになり超快適に変化

で、交換して走ってみました。タイヤとチューブは初期状態のままです。

オンロードの軽快感が急上昇。まるで違う車体に変えたみたい。非常にスムーズに走るようになり引きずるような感覚が消えました。

実際に速度がドカンと上がっているというわけじゃありませんが、オンロードの平地が楽しくなりました。これなら通勤でも楽々です。無駄な体力や精神力を使わずに、快適かつ安定して走れます。前より圧倒的に疲れにくくなりました。

オフロードは違いが分からない

一方オフロードは違いがよく分かりませんした。

というわけで、通勤用途に使うならホイールは変えたほうがいいという印象です。通勤用途にお金をかけるのはどうかとも思いますが、どうにも初期ホイールが鉄下駄すぎるみたいです。

フレーム自体が結構いいかも

ホイールが相当良くなったおかげで、今までよく分からなかったフレームの良さが分かりました。

脚を踏み切って下死点にいったときに、チェーンステイ当たりが蹴り出すような、推進力みたいなバネ感を感じました。おお、進んでるってこういうことか~と。

全体重量はアルミでディスク。最近のロードバイクに比べるとズッシリです。

でもそれは持った場合の重さで、実際に乗ると正直重さって関係あるのかね?という感覚。ヒルクライムとかしたらどうか分かりませんが、普通に乗る分には重さを感じず、ぶっちゃけ2kg以上軽いカーボンロードより走りは軽く感じるほど。

多分ですけど、CAAD10がベタ褒めされているように、キャノンデールのアルミフレームがかなり良いんじゃないでしょうか。

そのせいもあって、最近何だかロードよりCAADX乗っているほうが楽しいというか、それなりに速度も出るのに疲れにくいです。ホイールが変ったおかげで軽快に走れるのが非常に大きいです。

長距離走行・高速走行をしないならCAADXは面白い

時速30km以上で常時走るようならロードでしょうが、まったり、たまにスイスイといった乗り方ならCAADXのほうが総合的に楽な気がします。

ちなみにCAADXもホイールを変えてからは以前より30km/hが格段に出しやすくなりました。あとタイヤを変えたらロードっぽい乗り方も可能かもしれません。

CAADXが予想以上に良かったので、一台だけスポーツ自転車が買えるという状況なら、自分の今の乗り方、運用方法で買うべき自転車種類の考えが変わってきました。

以前は、ロード1本でしたが、そんなに速度を出すわけでもないので、シクロクロスかディスクのグラベルロード。もしくはエンデュランスロードだなと。

その中で予算がもし10万円台とするなら、たぶんフレームへの期待でCAADXが現在のNo.1候補。他のシクロクロスやグラベルロードを知らないので期待感だけでの予想ですが、カラーリングも個性があるようで実車を見ると結構かっこいいというのもポイント。Cannondaleはネット画像で見るより実車のほうがセンスあるように見える気がします。

ただシクロクロスで長距離走ると疲れると聞くのでその辺はまだ未体験。もし長距離がキツイならグラベルロードか、エンデュランスロード。

CAADXを手に入れたことで、むしろ自転車欲が無駄に湧いてきてしまいました。

タイトルとURLをコピーしました