斜め絶壁ハチ張りデカ頭の自転車用ヘルメット

頭のサイズというと周長でしょう。

これ自体は60cmを超えておらず、ゴジラ松井氏より小さいのですが…

いかんせん形が悪すぎる!!

といういびつな頭の形をしています。

周長が意外に短いのは、絶壁過ぎてその部分のカーブの長さがないからです…

なので帽子は嫌いです。

でもヘルメットはもっと嫌いです。

ヘルメットは一切変形しませんからね。自転車用ヘルメットはいつも悩まされます。

OGKは被れますが…

私の頭の形は、

大きい+絶壁+ハチ張り+後頭部斜め

カードゲームなら何か強力なのを召喚できそうです。

日本人の頭の形に合わせたヘルメットとして有名なOGKなのですが、あれってモデルによりめちゃくちゃ形違いますよね?頭の形が良い人は気づかないかもしれませんが。

確かに丸いのは丸いです。

ただ、ハチが張っていると深さがいるのです。後頭部付近に。

じゃないとハチがちょうどアールがキツくなる部分にあたり深くかぶれず、さらに斜めの頭がまっすぐに被らせてくれません。

OGKは確かにありなのですが万能ではないのです。

理想はキノコにならず、サイドが出っ張らない

求めたのは脱キノコ。

いや。その前に被れるかどうか重要なのですが、やはり格好良く被りたい。

これまで被った、じっさいに使ったモデルの不満点を書いていきます。

REGAS-2 サイズ:M/L

かぶれます。

ただ、顔の中心線から横に3~4cmほどズレます。

全体の幅と深さはいいのですが、後頭部のアールが深くないためハチが当たり斜めになるのです。

見た目としてはオッケー。

ただ斜めになるため、耳にストラップが食い込み痛いのがダメ。

OGK W3 サイズ:フリー

なんと私がフリーサイズ!

そして斜めにならない!キノコにならない!

名作でしたが廃盤。

残念…

GIRO 全般

いびつな頭あこがれのブランド。

浅い、そしてアールが小さい。

どうやっても無理です。

最近アジアンフィットというモデルが出たので被ってみましたが、やはり形がキレイな人用といった印象です。乗っかっているだけで横に張り出すしとても買えたものではありませんでした。

MET ストラディバリウス

名作ヘルメット。ロングセラー。

かっこいいけど…まず横幅で門前払いされます。

カーマー(karmor) モデル不明

日本人の頭に合わせてあるという触れ込みですが、OGKとは違う感じです。

丸いのですが、私にとっては本当に丸いだけ。

ハチまでいかなくても丸い頭を想定している感じなので、形の悪い頭には治まりが悪くて全くダメでした。

優等生ヘッド向けです。

MOSTRO L サイズ:L

被れるのですが浅い。OGKと言えば深いイメージだったのですが最近は違うようですね。

ハチが当たりしっかり被れない印象。

フィット感に乏しすぎて、見た目にも浮いている感がありダメ。

ZENARD サイズ:L

結構被れます。

ただサイドがかなりきつめ。

中心線から1~2cmズレます。

それでも見た目は最高。

サイドの張り出しが全くない理想の見た目。

ただきついのプラス値段がやたら高い。GIROなど海外ブランドみたいな価格です。

この値段は本当にOGKなのか疑うレベル。いつの間にこんなブランド価値が上がったのか…

ZENARD サイズ:XL/XXL

さすがに被れます。

たださすがに緩いです。

サイドが余ってしまう上に、やはりフィット感に乏しくてダメ。

これしかないかな…と一時期真剣に購入を迷ったのですが、さすがにこの感覚で2万円後半はちょっと…

STEAIR-X

XXL/XXXLというなんかすごいサイズ表記。

当然余裕で被れます。

でも被れるだけ。工事現場のヘルメット感覚です。

見た目にもダボッと感があり却下。

rh+(アールエイチプラス) EHX6055 ZY サイズ:L/XL

ネットでキノコにならないというレビューを見て試してみました。

海外製にしては深くて丸いのでハチも絶壁斜めも気になりません。

ただ…

思っていたよりシェルが大きくてキノコになりましたね…

ワンサイズ下のやつはコンパクトなのですが、Lサイズは思っているより帽体が大きいです。

フィット感もいいのですが、どうにも見た目が気に入らず…ただハチが若干当たりますかね。

ですが購入して使っています。試着したときはイケると思ったのですが。

STEAIR サイズ:L/XL

最初に試着したときに被ったときは、被れない!と思ったのですが勘違いだったようです。

それからしばらくしてまた被ってみると、ちょうどジャストフィット。ジャストフィットだったので、かぶろうとしたときに、あ、これ小さいと勘違いしたようです。

痛くもなく快適。

斜めにもならない。

キノコにもならないし、何よりこれまでのヘルメットと比べて軽いのなんの。RH+も重くありませんが、明らかにこっちのほうが軽いです。

昔はOGKと言えば重い、ダサいだったのにえらい変ったもんです。

サイズはXLという表記がありますが、手に持ってもそんなに大きさを感じません。rh+は大きさを感じるのですが不思議ですね。

価格も1万3,000円ほどで買えてまずまず。カラーバリエーションも豊富なのが嬉しいところです。

ハチ張り頭は丸さより後頭部のアールの大きさが重要

日本人の頭は丸いのは確かですが、それはハチが張っていない場合の話。

ハチが張っている頭の場合、重要なのは後頭部のハチ部分が丸いのではなく、なるべく直角に近い状態で被りが深くなっていくアールの大きさが必要になります。

つまり、スイカを半分に切って中をくり抜いて被るのではダメで、ダンボールを被る必要がある…というと分かるでしょうか。

ハチ部分は丸くなくて、例えるなら箱の隅状態なんですよね。

だから日本人の頭形状にフィットする!という触れ込みのヘルメットもさっぱり合わないことが多く、逆に海外製でもこのアールが大きいと意外に被れるのです。

といいつつも、結局はOGKがベストと言えます。

ただこれだけラインナップがあるなかで1種類しかフィットしないというのも難儀なもの。

廃盤になったらまたヘルメットジプシーですよ。

タイトルとURLをコピーしました