手元スピーカー400-SP058を快適に使うために必要なもの・設定

サンワダイレクトの400-SP058は、廃盤となった400-SP051Wより出力ワット数で劣ります。

音質がかなり良かった400-SP051Wと比較するとドラマなどの会話が若干聞き取りづらいです。

また乾電池式になったことから充電池の用意が必要です。

なるべく400-SP051Wの使い心地に近づけるために必要なものです。

音質

主力数が半分になっているため、必然的に音質が悪くなっています。

400-SP051Wの場合は、高音調整スイッチが一番上の高音設定でした。これが一番会話がハッキリ聞こえます。

しかし400-SP058の場合は、通常の真ん中設定が一番クリアです。

耳が遠い人とそうでない私の感覚が一致しているので大体の人もそう感じるはずだと思います。

なので、高音設定スイッチは真ん中がベストかと。

バッテリー

400-SP051Wは交換ができないバッテリーです。

400-SP058は単3乾電池4本で駆動します。

どちらもAC電源、つまり家庭用コンセント100Vから給電できますが、それだとコンセントからスピーカーまでが有線になります。

それくらい…と思っていたのですが、これが場所によってはかなり邪魔。

特にお年寄りがいると足を引っ掛けてこける可能性もあるのでなんとも…

そこで完全無線にするために、400-SP058では乾電池の用意が必要です。

この場合、やはり定番のエネループでしょう。

最低8本は必要です。

そんなにすぐに電池切れになりませんが、突然聞こえなくなったりするので控えのバッテリー4本が必要です。

だから4本同時に充電できる充電器+8本のエネループ。

これが400-SP058を快適に使える構成です。

400-SP051Wは万能ではなかった

音質、その他性能ともに最高だった400-SP051Wですが、どうもバッテリー劣化?回線不良?か何かがあったようで、私は結局無償で2回交換してもらっています。

毎日使うと半年持たないんですよね。バッテリーが。

いきなり30分ぐらいしか使えない状態になってしまいました。

その点400-SP058は乾電池式なのでどうにでもなります。今のところ不具合なし。

慣れれば音質の低下もそれほど気になりません。若干コンパクトなサイズも使いやすいですね。

案の定400-SP051Wは廃盤。400-SP058が主モデルになっているので、やはりバッテリー周りで無理があったのだろうと推測しています。

今なら最初から400-SP058+エネループワンセット。これが耳が遠い、周囲が騒音でうるさい人が快適にTVを見る手段かと思います。

どうしても劣るのが混線レベル

400-SP051Wでは一切なかったのですが、400-SP058は電子レンジをかけると音が途切れます。

どうも電波干渉のレベルが敏感なようで、リビングで使っているとキッチの電子レンジに100%反応します。

これは無線機器の周波数問題なので仕方がないのですが、5m以上離れていても反応しちゃいますね。

真剣にドラマを見ていてちょうどいいところ!というところで電子レンジが動くと聞こえないということにも。

本当にここがダメというのはせいぜいこれくらい。そう考えるとなかなか優秀な製品だと思いますね。

タイトルとURLをコピーしました